顔が変わるワケ

【目】は、上瞼(うわまぶた)しか動きません。ほとんどの方が真正面より下方向を見ています。まっすぐ前を直視するということから慣れていきます。


  



【あご】は、ほとんどの方が上がっています。それはまぶたを開く事が疲れるのであごを上げることでまぶたを無理に開かなくて良いのです。よって普段からあごを上げている方が多いのです。顎が上がることで使わない首の後ろに脂肪が付きます。

【口】は、口角が下がってしまうと表情が和竜くなります。悩む・泣く・不安・恐怖・疑う・うらむ・ねたむ・怒る・嫌うの表情は口角が下げます。自分を好きになり他人にやさしくなり常に幸せを感じていると口角は上がってきます。

【首】は、ほとんどの方が回転幅が少ないです。左右180度回すことが普段の生活では行っていません。しかし肉体的には可能なのです。使わない部位に脂肪は付きます。よって首に脂肪がつき余計に首は回らなくなります。色々なポーズを作ることで首は回さざるを得ない状況になります、いつの間にか首は細くなり長くなったとさえ勘違いすることもあります。